新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

こだわりの歯内療法

こだわりの歯内療法歯内療法とは歯の根の治療のことです。

何にこだわっているかかというと、その精度です。マイクロスコープを使用することにより、治療精度が飛躍的に向上します。肉眼では発見できない微小なヒビや穴、汚染物質等、しっかりと見つけ、治療が可能となっています。

現在マイクロスコープを導入している国内の歯科医院は全体の3%〜4%弱といわれています。又、保険制度では超不採算のため、ほとんどの歯科医院では保険外(自費)診療となっています。ちなみにアメリカでは1本あたり10万円以上の治療費を請求するそうです。

新栄町歯科医院ではマイクロスコープを使用した歯内療法を保険診療でも行っております。なぜやればやるほど赤字になるマイクロスコープによる診療を行っているのか?

第一に、一本でも多く歯を残したいという思い、
第二に、患者さんの苦痛を少しでも早く取り除きたいという思い、
第三に、自分自身の治療レベルを高めたい、
というプライドから行っています。

保険で行うために、できるだけコストをかけないツール、システムの構築を行い、使用するマイクロスコープはカールツァイス社製(尊敬する歯内療法専門医でも使用)のものを、又、日本顕微鏡歯科学会(JAMD)と日本歯内療法学会に所属し日々研鑽に努めています。

保険内での制約上、フルタイムでの治療は不可となっています。


治療案内へ戻る