新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2017年12月号

ごあいさつ

今年もあっという間に終わりますね・・なんて早いんでしょう(笑)
今年一年の総決算を行いながら来年に向け準備をしようと思っています。

12月の矯正相談・治療日は4、5、7、12、14、21日、顎関節外来は1、7、15、19日、冬季休暇は12月30日〜1月4日までとなります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 永久歯の生えない幼児や乳児が増えている >

院長近代における新たな問題点

現代ではアレルギーを持っている体質の乳児が増えてきましたが、近年では『永久歯の生えない乳児』が増えてきているようです。

北海道大学・昭和大学・鶴見大学・朝日大学・大阪歯科大学・九州歯科大学・鹿児島大学の付属病院小児歯科が協力して約2年間かけて調査しました。その結果、7歳以上の子供、1万5544人のうち1568人に永久歯の先天欠如があることが分かりました。しかも乳児の方がその確率が少しですが高く、その割合は1割以上のようです。

しかし永久歯が生えないと言っても1,2本のケースが多いようです(しかし多い人では6本ないというケースもあるそうです)。僕も臨床の現場で働いていると『先天性欠損』で上顎の2番(側切歯)が無いとか下顎の1番(中切歯)や2番が無いというケースはよく見ます。そのせいで歯並びが悪くなり、矯正をしに来る患者さんも多いです。

何故永久歯が生えないのか?

歯が生えないという事は『歯胚(しはい)』が無いということです。乳歯から永久歯に生え変わる頃、発育段階の開始期から増殖期に何らかの障害を受けると歯胚が形成されなくなるようです。ちなみに乳歯の発育の異常というのは永久歯にくらべて比較的少ないようです。歯胚が作られなくなる原因は、一説では母体の妊娠時の食生活じゃないかと言われたり、農薬が原因じゃないかと推測されてますが、しっかりとしたエビデンスはなく、原因は解っていないようです。

(歯科ニュースより転載)

スタッフコラム
スタッフコラムこんにちは!受付の近です!
今年も後1ヶ月で終わりますね〜(>_<)みなさんはやり残した事はないですか?私は沢山あって何からやっていいかわかりません(笑)
残り1ヶ月で1つくらいはやり終えたいと思います!それに・・・クリスマスも近いのでいい子にしてサンタさんを待ちたいと思います。
最近めっきり寒くなってきたので体調管理には十分気をつけましょうね☆


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る