新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2017年10月号

ごあいさつ

10月になったとたん寒くなってきました。
体調管理に気を付けて深まる秋を楽しもうと思います。

10月の矯正相談・治療日は2、3、5、10、12、24日、顎関節外来は6、13、20、27日になります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 虫歯が死因?若くして亡くなった徳川将軍【歯科情報】 >

院長口の中は虫歯だらけ!甘党の将軍の末路とは?

15代続いた徳川将軍の中で虫歯が原因で亡くなったと言われている人がいるというのはご存知でしょうか?
14代将軍徳川家茂はかなりの甘党だったようで、埋葬されていた頭蓋骨を調べてみると31本生えていた歯のうち(多いw)30本も虫歯だったのです。
好物は羊羹や金平糖、カステラ、最中、、、この時代に甘いものを沢山食べられるなんて流石将軍ですね。そして甘いものを沢山食べすぎる事によりビタミンB1が不足して脚気(かっけ)になってしまったようです。

金平糖

脚気はビタミンB1が不足することによりおこる病気で、昭和初期まで原因も治療法も分からず多くの死者を出してきました。手足が痺れたりむくんだりして最終的には心不全で亡くなってしまう恐ろしい病気なんです。
脚気を治すには栄養をしっかり摂取することが大切なのですが、虫歯だらけの家茂は虫歯により体力も奪われるし満足に食事が出来ずに栄養が不足。病気の原因が甘いものの食べ過ぎ&栄養不足だとは分からない家茂は大好きな甘いものは食べ続け、しかも病気になった時期がとても暑かったという事でビタミンB1の消耗が激しく、さらに不足して病状は悪化してしまいます。そして脚気が原因の心不全で家茂は21歳という若さでこの世を去ってしまいます。
虫歯が直接的な原因ではないようですが、31本中30本という異常なほど多い虫歯が身体にも影響があったことは想像出来ますし、満足に食事も出来なかったと思います。それにより病気が悪化したと言えるかもしれません。
それにしても、こんな虫歯が多い歴史上の人物がいるとは思いませんでした。

スタッフコラム
スタッフコラムこんにちは!
歯科衛生士の須貝です!

もう夏も終わりましたね(T-T)
我が家は、あっという間で満喫もできなかったです(^^;
朝晩寒いくらいなので、皆さん風邪などひかないように…
やっぱり、うがい・手洗いですよね!

なんだかんだ今年もあと3ヶ月…がんばります!


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る