新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2017年8月号

ごあいさつ

雨の被害が各地で起きてます。怖いですね・・・。
熱中症対策とともに災害についても備えが必要ですね。

8月の矯正相談・治療日は1、3、7、10、17日、顎関節外来は4、18、25日になります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯周病菌が原因で動脈硬化になってしまう?? >

院長歯周病と動脈硬化との意外な関連性

動脈硬化というのは血管の壁にコレステロールのコブが出来るなどして、血管壁が通常より厚くなって固くなったり狭くなったりして動脈の流れが悪くなる状態の事を言います。ひどい場合にはコレステロールのコブにより塞がってしまい心筋梗塞や脳卒中になってしまい、死に至ることもあります。動脈硬化は今まで食生活や運動不足、ストレスなどが主な原因とされてきましたが、歯周病も影響しているのではないかと注目されはじめました。

スタッフコラム歯周病の原因菌が歯肉の上皮を通り抜け、そこから血管内に入り込んで、その刺激によって動脈硬化を促す物質が出るのではないか?という研究結果の記事などを多く発見したのですが、どうやら歯周病菌による因果関係はまだまだ検証途中のようです。
しかし動脈硬化部位から歯周病原菌の遺伝子が検出されたのは事実なようですし、あくまで統計学上のことですが歯周病患者は歯周病にかかっていない人に比べて心筋梗塞が多いようです。まあこれは歯周病原因菌による持続的な炎症物質の供給により動脈硬化症を悪化させたから増えているのかもしれませんが、、、
でもまあ歯周病との関連性を証明するかのように歯周病菌が減少すると動脈硬化の進行が抑制されるという研究結果も出ているようですので、関係が深いというのはほぼ確実じゃないかと思います。

今まで「糖尿病と歯周病の意外な関係」や「誤嚥性肺炎の原因は歯周病?」など、何度か歯周病について取り上げてきたのですが、動脈硬化の原因になるとすると、、、本当に歯周病は恐ろしいですね。

(歯科ニュースより転載)

スタッフコラム
スタッフコラムみなさん!!こんにちは(^o^)
衛生士の宮下です!!
暑さが増す今日この頃・・・
皆様どうお過ごしですか?

私は先日、家族で海に行ってきました!!
目的は釣りでしたが、私は子供達と貝拾いに熱中してしまいました(^o^)笑
たまに童心にかえるのもいいものですね!!

これから夏本番ですので、熱中症には気をつけましょう!!


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る