新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2016年6月号

ごあいさつ

6月に入り、蒸し暑くなってきましたね、今年の梅雨はどんな感じでしょうか?

6月の矯正相談・治療日は2、7、9、14、16日、顎関節外来は3、10、17、24日にとなります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 虫歯があるとパイロット・宇宙飛行士になれない? >

院長虫歯ゼロがパイロット・宇宙飛行士の絶対条件?

虫歯になると虫歯の程度にもよりますが歯の中に空気がたまってしまいます。宇宙飛行士は宇宙で船外活動をする時など、かなり減圧された環境の中で作業しており、減圧されると空気が膨張するので虫歯によって歯の中に空気が溜まってしまうとその空気が膨張してしまいます。

歯の内部の空気が膨張すると内側から圧迫されて強烈な痛みが発生して、船外活動どころではなくなってしまうようです。強烈な痛みだけだったらまだしも、本当に本当に最悪の場合には歯が破裂してしまうようです。

虫歯になってしまい、虫歯の治療がしてても詰め物や被せものがしっかりと接着しておらず、歯質と修復物に隙間が出来ている場合があります。もしかすると二次齲蝕になっている場合もあります。その隙間に空気が溜まって、そこから破裂してしまうかもしれません。

上記の理由から宇宙船に乗り込む前には歯科医師にしっかりと診断を受け、虫歯は無いか、外れそうな詰め物や被せ物は無いかなどもチェックされるようです。

パイロットも飛行中は減圧された環境に置かれるため、同じ理由により航空自衛隊などでは航空学生になる為の選考基準として「歯牙の良好なもの(治療済可)」という項目があるようです。

さらに航空会社ではパイロットの選考過程で航空身体検査で体の様々な箇所の健康状態を調べており、歯の状態も当然チェックするようです。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは!
受付の関です!

最近は暑い日が続いたり寒い日があったり・・・
みなさん体調崩してないですか??

最近この歳になりガチャガチャにはまっております☆笑
見てください!!!
シャクレてるパンダー☆笑
見てたらわたしもしゃくれてました!笑


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る