新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2016年3月号

ごあいさつ

気が付けば3月(笑)春はもうすぐですね!

3月の矯正相談・治療日は1、8、10、15、17日、顎関節外来は11、18、22、25日となります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯肉は何故退縮してしまうのか >

院長鏡で歯茎の状態を見て下さい。皆さんの歯茎は下がっていませんか?歯肉の退縮が進行していて歯と歯の隙間が大きくないですか?20代までの人はそれほど『歯肉が不健康』だったり『歯肉が退縮してしまている』というのは多くはないと思うのですが、30代くらいになってくると、明らかに歯肉にトラブルを抱えている人は増えてきます。では、どうして歯肉は退縮してしまうのでしょうか?

その多くの原因は歯周病。日本人の約80%の人がかかっていると歯周病は、歯垢の蓄積によってかかるといわれています。歯周病は歯根膜や歯槽骨を破壊する恐ろしい病気。歯根膜や歯槽骨が破壊されるくらい歯周病が進行している人は、同時に歯茎も下がってしまっています。

その次に多いのは誤った歯磨き方法。必要以上に強いブラッシングで歯茎をキズつけてしまうと、なんとそれだけで歯肉は退縮してしまうのです。理想的は力の入れ具合は150gだと言われていますので、こころがけましょう。

あとは加齢。年を重ねるのが原因と言われてしまうとどうしようも無いのですが、歯磨きの時に適度な力で歯茎へのマッサージをしてあげると、歯肉退縮の進行を少し遅らせる事が出来ます。

では、上記で述べたように歯肉が退縮して歯根まで露出してしまった場合はどうしたら良いのか?

歯周病が原因で歯肉が退縮してしまい、もし歯周病が治ったとしても残念ながら歯肉というのは戻りません。しかし、歯根が露出した状態で生活していると見栄えも悪いですし知覚過敏にも苦しめられてしまいます。それだけでなく虫歯にもなりやすくなってしまいます。

そのため、退縮してしまった歯肉を元のようにしたい場合には『根面被覆術』という治療法で回復させます。

『根面被覆術』とは口腔内の他の部分の結合組織(例えば口蓋の一部)を切り取り、回復させたい部分に移植させるという方法です。保険治療ではなく自由診療で、価格は3万〜5万前後くらいはかかりそうです。

この治療法はアメリカで開発されたもので、日本ではあまり普及していません。ですが日本人はアメリカ人よりも歯肉が薄い人が多いので歯肉が下がりやすい傾向にあります。技術的な難しさや患者への体への負担等の問題はありますが、これからどんどん普及していくと良いですね。

(歯科ニュース転載)

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは♪花野です\(^^)/

寒〜い冬がやっと終わりかけ、私の大好きな春が♪もうすぐそこまで来てるでしょうか♪

先日、お雛様を出しました。実家で私が使っていたもので、今でもオルゴールをまわしながら、お雛様の顔を見るのが大好きです。
あの頃と変わらず、優しく微笑んでくれるお雛様…思わずタイムスリップして笑みがこぼれます(^^)
オルゴールをまわしては、おおはしゃぎで踊っている子供達には将来どんな風にうつるんでしょうか・・・(^-^)☆

暖かい春までもう〜少しp(^^)q元気に♪はりきって♪いきたいですね\(^^)/☆


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る