新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2015年8月号

ごあいさつ

猛暑日が続きますね、胎内市も気温が日本一になったりしています。水分補給をし熱中症対策をしながら乗り切りましょう。

8月の矯正相談・治療日は4、11、20、27日、顎関節外来は7、17、21、28日です。13〜16日は夏季休暇で休診となります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯の本数と認知症は関係あるか >

院長『認知症』それは人や場所や物事を記憶することが困難になる脳の病気です。認知症は『脳血管性認知症』や『アルツハイマー型認知症』という種類に分類されたりします。この『認知症』と『歯の本数』が関係あるのではないかと言われています。

ある調査によると、70歳後半の健康方の歯の本数は平均9本だったのに対し『脳血管性認知症の患者』の歯の本数は平均6本『アルツハイマー型認知症の患者』の歯の本数は平均3本だったようです。また、同時に頭部をCTで撮影して脳の画像を調べたところ、歯の本数が少ないほど脳の委縮が進んでいるたようです。これだけではハッキリとは言えませんが、もしかすると『歯で噛むことが脳を活性化させるんじゃないか?』と考えられます。

その調査とは別にある研究チームが、愛知県の65歳以上の健康な方、約4500人に歯の状態をアンケートした上で、その4年後の間に認知症を発症したかどうか調べたようです。

その結果『自分の歯が20本以上ある人』に対して『歯がほとんどなく、入れ歯も使っていない人』とでは後者の方が認知症になるリスクが1.9倍、『自分の歯が20本以上ある人』と『歯がほとんどなく、入れ歯を使っている人』とではリスクが1.2倍に高まっていたという結果が出たようです。
この結果により、歯の本数と認知症が関係するというよりも『噛む事』と『認知症』の関係のほうがあるのではないかと思いました。
歯を大切にして、なるべく歯が抜けないように努力し、もし抜けてしまっても『入れ歯』をはめるようにし、『しっかりと噛む』ことをすれば認知症のリスクは軽減できるのではないかと思いました。

(歯科ニュースより転載)

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは!!横山です^_^

先日、中学校からの友人の結婚式の為、軽井沢へ行ってまいりました(^∇^)
自然に囲まれた教会で挙式をし、本当に心温まるいい結婚式でした!終始、泣きっぱなしでした(笑)

暑い日が続いてますねぇ〜(゚Д゚)
暑さが大の苦手な私には、とても辛い時期の到来です(笑)
今年の夏を無事に乗り切れるように頑張ります!!


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る