新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2015年6月号

ごあいさつ

日本各地で火山活動が活発化しています、こわいですね・・避難経路や非常食など万が一に備えて準備していきたいと思っています。

6月の矯正相談・治療日は2、11、18、23日、顎関節外来は5、12、16、25日になります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯周病を早期に発見?歯周ポケット検査の重要性 >

院長歯周病は日本人の約80%の人がかかっていると言われる身近な病気です。
繁殖した細菌によって、歯肉が腫れたり歯を支えるのに重要な歯槽骨が溶かされていくという怖ろしい病気なので、甘く見ると本当に大変な事になります。
なんと、日本人の歯を失う原因の半分は歯周病だと言われています。

歯周ポケットという、歯と歯肉との間の隙間が深くなればなるほど歯周病が進行していると言えます。この深さを測定することをプロービング検査と呼び、歯周病の基本的な検査の一つです。プロービング検査は、歯1本につき周囲4〜6力所で行います。健康な歯肉では歯周ポケットの深さは1〜2mm程度なのですが、歯周病の歯肉では3、4mmを超えるような深さになります。重度の場合は10mmをも超えるようです。

深さが4mmほどと診断されて悩んでいる方、諦めるのはまだ早いです。正しい磨き方をし、スケーリングで歯石を除去してもらうなど歯周病治療を続けていくと改善されていくようです。

歯周病は自覚症状がほとんど無く、自分自身では早期発見は難しいです。ですので歯科医院に通院し、プロービング検査やスケーリングを定期的に行って下さい。

(歯科ニュース 5・10)

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは!
衛生士の八幡です☆

先日、診療後にスタッフでご飯を食べる機会があり、各自ご飯を持参してもらい宮下さんと私で三色丼の具材を作り花野さんがデザートを作ってきてくれました。写真は配膳している私達です♪学校時代に給食を食べたのを思い出します!!
みんなで食べるご飯はより美味しいですね!!

だんだんと暑い日が増えてきましたが栄養をしっかり摂って体調を整えて過ごしたいです!!


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る