新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2014年8月号

ごあいさつ

冷夏の予想でしたが、暑くなってきました、夏バテに気を付けて乗り切っていきましょう。

8月の矯正相談・治療日は5、8、21、28日、顎関節外来は8、22、28日、医院の夏季休暇は13日〜17日までとなります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< ラバーダム防湿 >

院長歯の根の治療の際、唾液・細菌から歯を隔離し、感染のリスクを低減する方法です。
ゴムのシートに小さな穴を開けて、そこに歯の頭を出して、バネ(クランプ)や糸ようじ(フロス)などで歯に固定する方法です。
ラバーダム防湿法の歴史は古く、アメリカのDr.Barnumが1864年に考案したといわれ、海外では、歯の根の治療を専門としている歯科医師の90%以上が使用しています。 しかし日本では、その普及は極めて低く、5%以下と言われています。
多くの歯科医師は「ラバーダムを使用した方が絶対によい」と考え、有用性は認められています。 日本で普及しない理由の1つは、諸外国にくらべて歯の根の治療の保険診療報酬が安価で、手間がかかるなどの問題があるからです。
長期的な予後では、ラバーダムを行った歯の根の治療の成功率が90%以上とされているのに対して、ラバーダムを使用しないで治療を行った場合の成功率は50%以下と報告されています。

新栄町歯科医院では、臼歯の根の治療の際、可能な限りラバーダム防湿を行い(ラテックスアレルギーや嘔吐反射の強い方は不可)感染防止対策に努めています。

ラバーダム

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは。
衛生士の八幡です!!

先月、こどもの下顎前歯が萌出し、人生初めてのブラッシングを撮影しました!! 嫌がってます(笑)´д` ;´д` ;
これから毎日、何十年とブラッシングをしていくわけですが、一生自分の歯でおいしく食事し、楽しく会話をし、健康で過ごして行けるように、母として衛生士としてサポートしていきたいと思います*\(^o^)/*
産まれてから毎日新しい事を覚え、成長していく姿が頼もしくこれからが楽しみです☆

暑い日が続き、部屋の温度管理に頭を悩ませている今日この頃……。
冷やしすぎて風邪を引かせないようにして夏を楽しく過ごしたいです( ´ ▽ ` )ノ


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る