新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2014年3月号

ごあいさつ

「2月逃げる」・・・ということで、あっという間に3月になりました(笑)
「3月去る」とも言われていますので、ボーっとしないで過ごそうと思います。

3月の矯正相談・治療日は4、13、18、20日、顎関節外来は7、13、20、28日です。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯科医は米国で「憧れの人」、日本で「●●な人」 >

院長歯科医は米国で「憧れの人」、日本で「●●な人」-世界オーラルケア調査(マイナビニュース)

ライオンは2013年11月22日〜12月10日の期間、15〜69歳の日本・アメリカ・スウェーデンの男女3,600人を対象に、"オーラルケアに関する意識調査"を実施した。

○日本での「予防歯科」認知度は2割

まず、「予防歯科」(ムシ歯などにかかってからの「治療」ではなく、かかる前の「予防」を大切にする考え方)の認知度を調査したところ、アメリカ・スウェーデンでは約6割が予防歯科を理解し、約7割が取り組んでいることが分かった。

一方日本では、理解している人は20.9%、実際に取り組んでいるのは26.2%だった。ただし、予防歯科を理解した上で「予防歯科を必要だと感じるか?」という質問に対しては、欧米と大差ない7割が必要性を感じると回答している。

○アメリカでは7割以上が歯科医に好感

次に、「歯科医はどのような存在か?」を聞いたところ、アメリカでは最多が「好きな人・憧れの人(40.3%)」、次いで「頼れるパートナー(32.6%)」となった。スウェーデンでも「頼れるパートナー(26.3%)」「好きな人・憧れの人(16.4%)」と、アメリカと同様に好意的な印象が上位にあがった。

一方、日本では「頼れるパートナー(17.2%)」という好意的な回答も2割弱見られたが、「他人(23.9%)」「嫌いな人・苦手な人(14.0%)」といったネガティブな回答も上位に挙げられている。「好きな人・憧れの人」と答えた人はわずか1.9%という結果になった。

○日本の約6割が1年以上歯科検診を受けず

直近1年間に歯の健康診断を受けた回数を聞いたところ、アメリカでは「2回」が最多で34.9%、スウェーデンでは「1回」が最多で57.1%となった。一方、日本で最も多かった回答は「直近1年間では受けていない」で、57.5%だった。

オーラルケア用品へのこだわりについては、アメリカでは77.2%、スウェーデンでは64.9%が「こだわって選ぶ方」と回答したのに対し、日本は約半数が「あまり考えずに選ぶ」と回答した。年間のオーラルケアアイテム平均購入金額は、スウェーデン8,415円、アメリカ8,354円、日本4,965円で、欧米2カ国に比べて日本の金額は全般的に低いことが分かった。

○スウェーデンの70歳の残存歯数は21本

親しらずを除く成人の歯の本数は28本だが、70歳の時点での残存歯数調査では、"予防歯科"の取り組みが進んでいるスウェーデンでは「21本」という結果になった。一方、日本人の場合は16.5本で、明らかな差が見られる。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは!!!水澤です(^-^)/
3月に入り、暖かくなる日を待ち遠しく思い毎日を過ごしています(^-^)

待ち遠しいといえば…私の双子の姉の子供がようやく産まれました!!!!
予定日から1週間遅れ、お腹がパンパン(;´д`)なんと4032グラムもありました(>.<)
母子ともに健康で無事に産まれてきてくれてよかったです!おばちゃん一安心です(笑)

姉妹の出産の話を聞くと、世界中のママを尊敬します!!!
そして、私(双子)を産んでくれた自分の母を心から尊敬・感謝をします!!!

一緒に甥っ子を見ながらデレデレしたいと思います(笑)


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る