新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2012年5月号

ごあいさつ

風薫る5月、私の一番好きな季節です。そして今月末に40歳を迎えることとなりました!(笑)
が、その前に四十肩と診断され、凹んでしまいました・・・・。(涙)
40代も公私ともがんばっていきたいと思います。

5月の矯正相談・治療日は15、17、24日、顎関節外来は11、18、25日です。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 骨の減少抑え成長促進、たんぱく質を発見 >

院長骨の減少を抑えると同時に成長させるたんぱく質を、東京医科歯科大学の高柳広教授らが初めて突き止めた。

骨粗しょう症の治療や診断につながる成果として注目される。

健康な骨は、骨を減らす破骨細胞と、骨を増やす骨芽細胞の働きでバランスが取れている。骨粗しょう症は、何らかの原因で骨の減少量の方が多くなった状態。治療薬は、破骨細胞の働きを抑えるものが中心だが、骨芽細胞の働きも損なわれる性質があるため、大きな効果は望めなかった。

高柳教授らは、骨芽細胞が分泌するたんぱく質を分析し、破骨細胞の働きを抑え骨芽細胞の成長も促進する物質として、セマフォリン3A(セマ3A)を見つけた。

これを、正常なマウスに、体重1キロ・グラムあたり1ミリ・グラムの割合で週1回4週間にわたり静脈注射したところ、骨の密度が1・5倍になった。骨芽細胞は3〜4割増え、逆に破骨細胞数は約2割減った。(読売新聞)

歯周病の治療にも効果を発揮しそうですね。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは(^o^)/水澤です(^-^)♪

最近、天気がいいのは嬉しいけどくしゃみが止まらず複雑な気持ちです(笑)

少し前ですが、私の双子の姉の結婚式がありました(^_^)姉妹となると、やっぱり泣かずにはいられませんでした。終始....泣いてました(笑)

泣きっぱなしでしたが、笑顔も絶えない良い式でした(^^)/


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る