新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2012年3月号

ごあいさつ

今年は降りましたね〜(苦笑)。
暑さ寒さも彼岸までと言います。
春はもうすぐ、明るい気持ちで残りの冬を楽しみましょう。

3月の矯正相談・治療日は6、8、12日、顎関節外来は2、9、16、23、30日です。

15日は学会出席のため午前のみ診療、振替として14日が一日診療となります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< iPSで歯再生に光 岩手医大で構成細胞作る新技術 >

院長岩手医大解剖学講座の原田英光教授(50)と同大歯学部先進歯科医療研究センターの大津圭史研究員(38)は、万能細胞と呼ばれる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、歯を構成する象牙質のもととなる「象牙芽(が)細胞」を作り出す技術を開発した。さらに研究が進めば、患者自身の細胞から作ったiPS細胞を用いて歯を再生するなど新たな治療法確立につながる可能性もあり、注目を集めそうだ。

歯は表面のエナメル質と内側の象牙質で成り立ち、それぞれエナメル芽細胞、象牙芽細胞から作られる。原田教授らは2007年ごろから、iPS細胞から象牙芽細胞を作ることに取り組み、11年12月に技術を確立した。

同様にエナメル芽細胞を作る技術開発に取り組む東北大歯学研究科の福本敏教授との共同研究。使用したiPS細胞は、開発者の山中伸弥教授がいる京都大が作った。研究成果は米国の学術雑誌(オンライン版)に発表した。

原田教授らは、iPS細胞に成長を促す各種組み合わせの栄養素を与えて培養し、象牙芽細胞へと性質を変える「分化」を図った。試行錯誤の末、いったん前段階に当たる「神経堤細胞」へ分化させ、さらに象牙芽細胞へ分化する2段階方式を取り成功した。

2段階の分化の際に与える栄養素は全く別な組み合わせ。大津研究員は「適した栄養素の組み合わせを見つけるのに最も時間がかかった」と苦労を振り返る。

現在は、原田教授らの知人で歯の研究家として知られるフランス・ストラスブルグ大のハーブ・ルソー教授の下、この象牙芽細胞と既存のエナメル芽細胞を組み合わせて歯を作る実験もスタートしている。

今後、エナメル質も含めてiPS細胞から歯を作り出す技術が完成すれば、同細胞から身体器管を作る世界的にも例のない成果となる。

原田教授は「iPS細胞で本物の歯を再生できれば、人工物を使うインプラントなどと違い血管や神経が通じ、遺伝的に歯ができない患者の治療法などにも結び付けられるだろう」と意義を語る。(岩手日報)

最近あまりパッとしない我が母校・・・、原田先生がやってくれました!!!(笑)

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは☆長谷川です!

まだまだ寒い日々ですが、体調管理をしっかりして風邪などひかないように気をつけていきたいですね。

私は出産、育児を経て昨年の7月から勤務させていただいています(^_^)

まだまだわからないことだらけですが、日々努力してがんばっていきます☆

みなさんよろしくお願いしますm(__)m


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る