新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2011年6月号

ごあいさつ

6月4日から歯の衛生週間がはじまります。歯について知識を深めたり、自分自身のお口の状態を確認してみましょう。

その6月4日の虫歯予防デーに当医院スタッフの阿部さんが結婚式を挙げます!!
そのため医院は臨時休診になりますが、ご了承と祝福をお願いいたします。
新婚旅行はハワイだそうです。うらやましい〜!!

6月の矯正相談・治療日は9、14日、顎関節外来は3、10、17、24日です。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯科用CTスキャンについて >

院長新栄町歯科医院では歯科用CTスキャンを導入しました。歯科用CTスキャンでの診断では、従来のレントゲン診断に比べて、下記のような診断がより正確にできます。又医科用CTに比べ、低被爆で撮影でき、身体にも負担が少なくすみます。

●歯槽膿漏、歯周病の骨の状態
歯槽膿漏、歯周病の歯の根の周りの歯槽骨の状態を立体的に把握できます。これにより、歯槽骨の溶けた(吸収した)範囲や状態の診断もより正確に行え、事前の治療方針の決定などにも役立ちます。

●根の先の病気の大きさと範囲
根の先にできた病気の大きさと病気の範囲が立体的に把握できます。これにより、根の治療が可能かどうかの判断もより正確に行えます。

●親知らずの状態の診査
立体的に歯の方向、神経との距離を知ることが可能となり、より正確な診断が行えます。

●歯の根のひび割れなどの範囲と状態
今までの平面的なレントゲン診断ではわからなかった、ひび割れの範囲と大きさの正確な診断が行えます。これにより、歯の保存が可能かどうかの判断も事前に行えます。

●インプラントの事前診断
歯科用CTスキャンでの撮影でインプラント治療時に、事前にインプラントを入れる歯槽骨の状態を立体的に把握できます。これにより、インプラント治療の可否や入れる場所の位置決めが事前に正確に決定できます。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは(^O^)/水澤です!!

だんだん暑くなってきましたね・・・。
毎年かなり早めに夏バテする私には、暑さがかなりの天敵です(:_;)
しかし悪い事ばかりではないですね!BBQもできるし花火も見れるし(>_<)中条まつりだってあるし!!
(ちょっと気が早すぎですね・・・)

それと、家にあるハーブさんたちがだいぶ育ってきました(^O^)/
写真はちなみにバジルです。


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る