新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2009年12月号

ごあいさつ

あっと言う間に今年も終わりになります。
年を追う毎に1年が短く感じられますね。
来年は今年よりいい年になるように、気持ちを引き締めて締めくくりたいと思います。

12月の矯正治療日は15日(火)になります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯の先天欠如 >

院長歯が生まれつき足らないことを歯の先天欠如と呼びます。ひと口に歯の数が足らないといっても、いろいろな可能性があります。何本不足しているのか、どの場所の歯が足らないのか。その状況によって、これからとるべき方針が変わってくると考えられます。

それではなぜ歯が足らないということが起こるのでしょうか。歯の先天欠如はあごの中で歯が作られるべき初期の段階における障害のために起こるといわれていますが、全部の歯が無いといった場合などを除いて、その原因ははっきりわかっていません。それでは、足らないところに対する処置としてどのようなことが考 えられるでしょうか。

  1. 乳歯を残しておく
  2. 足らないところを人工的なもので補う
  3. 残りの永久歯をうまく誘導して足らない部分のすきまを補う(矯正歯科治療)
  4. 歯の先天欠如の数が多い場合、(2)と(3)を組み合わせる

――などが挙げられます。

乳歯はその大きさや根の形から長く安定しているとはいえません。しかし、場所によっては、比較的乳歯が長く残る場合もあります。ただ、かみ合わせは、理想的なものにはなりません。足らないところを人工的なもので補う、たとえば、ブリッジや最近ではインプラントなどが考えられます。ただ、最終的な処置は成長が完了する10代後半まで待つ方が良いと思います。他の存在する歯やあごの状況などを総合的に判断し、歯の足らない状況による悪影響をできる限り少なくするために、矯正歯科治療を行なうかあるいは矯正歯科治療と人工的なものを補う処置を組み合わせるといった方法が最も良いと思われます。

これからのことについては、かかりつけの先生あるいは専門医に将来的な見通しも含め相談されるのが良いと考えます。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは小島です(^_^)
すっかり、寒くなりましたね!!!
新型インフルエンザも流行していますが、みなさんは大丈夫ですか?しっかり予防していきましょうね。

今月はうちのペットのうさぎ、ハニーちゃんが1歳の誕生日を迎えました!
癒されますね〜o(^-^)o テーブルの脚とか、柱とかかじられてしまうのですが、許しちゃうほどかわいいですf^_^;

みなさんはどんな物に癒されますか?是非、お話を聞かせてくださいね!!


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る