新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2009年4月号

ごあいさつ

春めいてきましたね!
暖かくなるのはうれしいですが、花粉症の方たちにはつらい時期かもしれません。

新学期、新年度、新しい気持ちでがんばっていきたいですね!!

当医院にも新人の歯科衛生士がやってきました。よろしくお願いいたします。

今月の矯正相談、矯正治療日は14日(火)になります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 歯周病とHIV >

院長歯周病が原因で口内に作り出される酪酸が、エイズウイルス(HIV)を活性化させエイズ発症につながる可能性のあることを、日本大学歯学部の落合邦康教授が明らかにしました。これまでの研究では、歯周病が糖尿病や心臓疾患に関係することが分かっていましたが、HIVを活性させることが判明したのは世界で初めてとの事です。

落合教授によると、「歯周病菌は歯と体全体に危険を及ぼす。歯周病菌によって作り出される大量の酪酸は、長時間履いていた靴下のような臭いがし、HIVの増殖を抑えている『ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)』と呼ばれる酵素の一種を妨げる。試験管での実験では、歯周病菌および酪酸を含んだ培養液を与え ると、免疫系に関わる2種類の細胞でHIVが急速に増殖することが判明した。」という。

落合教授は、「個人の体力によるところが大きいが、HIV感染者は重症の歯周病になると(エイズを)発症する可能性がある。」と指摘。また、HIVに感染していると気づいていない人々も、歯周病になるとエイズを発症する恐れがあるとして、口腔内健康の重要性を強調しました。

日本人の成人の3分の2が歯周病に罹患していると言われています。様々な病気を引き起こす歯周病、正しいプラークコントロールで健康を維持していきましょう。

スタッフコラム

スタッフコラムはじめまして関です☆

あっという間に4月になってしまいましたね!みなさん花粉対策はばっちりですか?

さて私はこの4月から正社員になりました(^-^)v
先生や周りのスタッフに支えられながら頑張っています!

これからはもっともっと患者さんに愛されるスタッフになれるように頑張りますのでよろしくお願いしますo(^o^)o


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る