新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2009年3月号

ごあいさつ

三寒四温の日が続いています、「暑さ寒さも彼岸まで」のことわざ通りですね。年度末で何かと気ぜわしい時期ですが、落ち着いて行動していきたいものです。

3月から矯正専門医による矯正相談、矯正治療の日を設けました。当医院の基本理念「自分達が行きたい歯科医院にする」をより具現化するために、専門医による高度な歯科医療を提供していきたいと思っています。

今月の矯正相談、矯正治療日は12日(木)になります。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 定期検診(メンテナンス)の重要性 >

院長定期検診(メンテナンス)とは、歯科治療が一段落がついたのち、引き続き定期的な観察を行っていき、ある程度の期間(目安として3〜4ヶ月)安定した状態が保つために行う処置のことです。メンテナンスケアーとも言います。

●メンテナンスの重要性

メンテナンスは、治療によって得られたお口の中の健康な状態を持続させ、再発を防止することを目的としています。
具体的には、取り除かれたムシ歯や歯周病の原因細菌は、処置した後12〜16週で、もとの状態に戻るという傾向があります。
そこで、細菌の量が悪影響を起こしだす前に、プロフェッショナル・プラークコントロールを行って、ムシ歯・歯周病の再発を予防します。
たとえば、家や車が 定期的なメンテナンスによって美しく長持ちするように、お口の中の健康についても同じことが言えます。もし、メンテナンスを定期的に行わないと、確実にムシ歯や歯周病は進行(重度化)したり、再発してしまいます。

リコール・定期健診は、自分で磨けないところを磨いてもらうつもりでいらしてください。お口の掃除をお手伝いするつもりでお待ちしています。
これにより、抜かずに・削らずにすむ歯が増えることを信じています。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちはv(^o^)須貝です。

もうすぐ3月・・・少し気温が上がると、単純な私は春を感じて、ワクワクしてしまう今日この頃です。雪はもういいかな・・・なんて思ってしまってます。

去年から我が家は自転車&散歩にはまってるので、暖かくなってくるのが楽しみです。

みなさんも、季節をいろんな形で満喫してみてくださいね!


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る