新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2008年9月号

ごあいさつ

朝晩、涼しくなってきましたね〜。見上げる空も高くなり、すっかり秋の空です。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが元気に頑張りましょう。

北京オリンピック、日本のソフトボールチームには感動しました。
金メダル、おめでとう!!!

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 世代別にみたプラークコントロール・その2 >

院長今回は成人期、および40代以降についてのポイントをお話します。

<成人期>

永久歯の歯並びが完成しますが、個々の歯列の状態はまちまちです。一本一本ていねいに歯みがきをすることが大切になります。歯並びが気になる人は、凹凸や乱れた歯並びをきれいにみがけるようにヘッドの小さな歯ブラシを選びましょう。
またこの時期には、歯周病対策も重要になります。軽度の歯周病は、ブラッシングで改善することが可能です。歯周病予防の歯ブラシもあるので試してみるといいかもしれませんね。
いずれにしても、この時期のメインテナンスが、将来歯を失うかどうかの運命の分かれ道なります!かかりつけの歯科医院であなただけのオーダーメイドのブラッシング法を指導してもらいましょう。

<40代以降>

歯周病などのために歯を失うことが多くなる時期です。
また、歯ぐきがやせてくることによって歯根部が露出し、歯根部のむし歯が多くなってくるのもこの時期の特徴です。
歯ブラシだけではプラークを充分に落としきれない場所も出てきます。歯と歯の隙間が空いているところやブリッジがかかっているところなどは歯間ブラシを使い、歯と歯の間などはフロスを使用してプラークを完全に取り除くことが大切になります。
また、プラークの付着を予防する機能を持った洗口剤もあるから合わせて使用するとより効果的です。

あなたのお口の健康を守るためにも、3ヶ月〜半年に一度は、かかりつけの歯科医院で健診を受けるように心がけましょう。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは(^O^)水澤です!

今年は北京オリンピックで盛り上がりましたね(ノ><)ノ
次のオリンピックはロンドン!!と、いう事で4年後がまた楽しみですねp(^^)q

私事ですが先日、お財布を買いました(゜▽゜)♪♪♪やっと気に入った物を見つける事ができたので、嬉しかったです!今回の写真は私とお財布を写したものです(>_<)そして前回に引き続き、私の双子の姉も一緒に写ってます(^_^)似てますかぁ〜?!
でもみなさん、よーく見てください…私たちより似てる物がありませんか??そうです!お財布が似てるというより、同じなんです!!!この年になって双子でお揃いの物を持つのもいいものですね(^_^)

最近は涼しい日も増えてきたので、体調管理には気をつけて下さいね〜(^_^)


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る