新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2008年5月号

ごあいさつ

風薫る5月、緑がまぶしく、気持ちのいい日が続いていますね。
ゴールデンウィークは皆さんどこかへ出かけましたでしょうか?

5月は屋外でのイベントが多くあり、心も体もリフレッシュしたいと思っています。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< 口腔乾燥症(ドライマウス)について〜その3 >

院長口腔乾燥症について最終回の今回は専門医での治療法についてお話したいと思います。

ドライマウスの原因を調べることが治療法を決める上で最も重要なポイントです。糖尿病や唾液腺自身の病気があり、原因が明らかな場合には、その治療を最優先に行ないます。
薬の副作用が疑われる場合には、その薬の中止や変更について他科の先生と相談することになります。ただし、自己判断で勝手に薬を中止しないで下さい。
ストレスが原因と思われる場合には生活習慣を改めてもらったりもします。また、口を開けて寝ている方には夜寝る際にマスクを使ってもらったりします。マス クはユニチャーム製の超立体マスク(R)がお勧めです。口と鼻の両方を覆うことができます。しかし、シェーグレン症候群を始めとする自己免疫疾患や腫瘍、 放射線治療や透析などが原因の場合は根本的な治療が大変難しいです。そのため、症状を和らげる治療が中心になります。人工唾液やうがい薬、トローチなどが 用いられます。

また、最近では口の中の保湿剤やうがい薬が各メーカーから発売され効果を上げています。特に口の中がネバネバする方には、うがいがとても良いようです。中でも重曹の入ったハチアズレ(R)や酸味が利いた製品は効果が高いようです。
口の中がザラザラする方や舌が痛む方にはオーラルバランス(R)がお勧めです。冬に水仕事をすると手の油分がなくなり手荒れをおこしますが、それを放って おくとあかぎれを起こして痛みが出てきます。ドライマウスが原因で舌がザラザラしたり、痛みが出るのもこれに似ています。舌は食事をしたり会話したりする ときに絶えず動いています。その際に舌が歯やさし歯、入れ歯にぶつかるのですが、通常は唾液という潤滑油があるので舌に傷が出来にくくなるようになってい ます。でも、ドライマウスの方は唾液が少ないために舌を保護してくれるものがなくなり、舌がザラザラしてきます。これが進むと痛みが出てくるという訳で す。ですから手にハンドクリームを塗るように舌にもクリームを塗ってあげるのです。オーラルバランス(R)を舌に塗ることによりツルツルしてきます。
飲み薬による治療としては、アネトールトリチオン、漢方薬、唾液腺ホルモン、塩酸セビメリンなどが用いられます。最近発売されたシェーグレン症候群に伴うドライマウス治療薬の塩酸セビメリンはとても良い効果を上げています。

御心配な方は遠慮なく院長に御相談ください。

スタッフコラム

スタッフコラムだんだん、春らしくなってきましたね!衛生士の小島です。

皆さんはお花見に行かれましたか?私は4月19日・20日と上越市の観桜会に行って来ましたo(^-^)o

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私達家族は胎内市に越して来る前は上越市に4年間住んでいました。それも高田城のお掘りの前に家があったので、里帰り気分でワクワクでした。

当日は満開ということもあり、スゴイ人出でしたが、夜桜を堪能することができ、とても良かったです。機会があれば、日本三大夜桜で有名な高田にお花見に行ってみてはいかがでしょうか?


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る