新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2007年8月号

ごあいさつ

夏本番を向かえ、暑い日が続いていますが皆さん体調管理は大丈夫でしょうか? 私は毎日ご飯がおいしく、食欲がありすぎて困っています(笑)。
夏場は冷たいもの、アイスやジュースを採る機会が多くなりますが、体を冷やし過ぎないようにして、夏バテにならないよう、栄養価の高いもや、旬の夏野菜を食べ、暑さを乗り切りましょう。

※中越沖地震にて被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。新栄町歯科医院では、歯ブラシなどの売り上げの一部を被災地復興支援の義援金として、寄付しています。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< デンタルグッズについてその3〜補助的清掃器具 >

院長前回は歯磨き粉、歯ブラシについておはなしさせていただきました。今回はその他のデンタルグッズについて説明したいと思います。

糸ようじ、デンタルフロス、歯間ブラシ、いずれも歯ブラシの毛先の届かない、あるいは届きにくい歯と歯の間、歯と歯茎の境目の清掃に用いられる道具ですが、使用方法やサイズを間違うとかえって早歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。
まず、歯間ブラシですが、極細のものから太いものまでサイズがありますし、ハンドルの形状で多種ありますが、大き過ぎると入らず、小さすぎると清掃効率が 悪くなります。目安として、出し入れの際、軽い抵抗があって痛みが無いサイズをお勧めしています。また、隙間が無い人は歯肉を傷つけてしまうので、フロ ス、糸ようじの方を使った方がいいと思います。
次にフロス、糸ようじですが、出し入れする際、力を入れすぎないこと、ゆっくり、丁寧にやることです。又、奥歯にいくにしたがって、見えにくく、出し入れしづらくなると思いますが、鏡を見ながらやるといいでしょう。

舌ブラシは舌の汚れ、舌苔(ぜったい)を取る専用のブラシです。舌苔とは舌の表面に付いた食べかすや粘液、バクテリアなどが混じり合った物で口臭の原因に なったりします。普通の歯ブラシでも軽く当てて取ることが出来ますが、専用のブラシですと舌を傷つけず効率的に取ることが出来ます。ブラシタイプや金属の ワイヤーを丸く曲げたものなどありますが、好みで選んでいいと思います。舌苔は年齢や性別、体調によって量が変わり個人差が大きいです。体調変化の目安と してあまりナーバスにならず、舌を傷つけないよう軽めに擦る感じでいいと思います。

以上3回に分けてデンタルグッズについてお話させていただきましたが、疑問点や使用法などはいつでも気軽におたずねくださいね。

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは。本間です。
午後からのパートなんで会ったことある方は少ないかもしれませんね(笑)

先日、鍋パーティーしました☆ この季節に鍋!!(笑)
何鍋かと言うとモツ鍋です(o^-^o) 〆にラーメンを入れて食べました。激ウマでした♪ なにかおいしい鍋がありましたら教えてくださいね(o^-^o) この季節に(笑)
夜はみんなでウノとかして遊びました(>_<)
すごい楽しかったです。

これから暑い季節になりますが夏バテしないようにしっかり食べて乗り切ってくださいね!!
お暇があれば、海に出掛けて目を休めてみて下さいね(^^)


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る