新栄町歯科医院は「自分たちが行きたい歯科医院」を目指しています

院内新聞 6480NEWS 2007年7月号

ごあいさつ

梅雨に入り、不順な天候が続いています。
洗濯物が乾きにくかったり、食べ物が悪くなりやすかったりして大変な時期ですが、夏の水不足や、農作物のことを考えると、雨の日もありがたいと思えるのではないでしょうか?
自分も雨の日はジョギングが出来ず、フラストレーションがたまりますが、最近購入した今話題のビリーズブートキャンプ(運動プログラム)をやって、家の中で汗をかいています(笑)。
先月の大石ダムアップダウンマラソン大会、何とか完走しました。高低差150mは実際経験してみて本当にきつかったです。

院長さくまの「ひとくちクリニック」

< デンタルグッズについてその2〜歯ブラシ >

院長歯ブラシは本当にたくさんのサイズ、形、毛の硬さのものがあり、目移りしてしまいますね。
基本的にはヘッドの大きさは小さいもの、毛の硬さは軟らかいもの、毛の太さは細いものがオススメです。理由はヘッドが大きいと奥まで磨けない、硬いと歯や歯肉を傷付けてしまうこと、毛が細いと歯周ポケットの奥まで毛先が入っていくことからです。
磨き方は圧を出来るだけかけず、1本1本丁寧に磨き、強い圧で横磨きで一緒の所だけ磨かないことです。力をかけないと磨いた気がしないと思う方がいます が、毛先が当たれば弱い圧でも汚れは取れます。逆にいくら強く磨いても毛先が当たってない所は汚れは取れません。又、歯石は歯ブラシでは取れません(専用 の器具が必要になります)。
磨き方は年齢や、口の中の状態によってそれぞれありますが、時間をかけてゆっくり丁寧が基本になります。もちろん前回お伝えしたように、歯磨き粉は少なめでやりましょう。

最近は電動ブラシ、音波ブラシがテレビのCMでよく宣伝されていますが、せっかく買うのなら音波ブラシをオススメします。
理由は音波の振動で泡が発生し、毛先の届かないところも泡の力で汚れを取るからです。私も音波ブラシを使用していますが、短時間ですごくサッパリします。 毛先を動かして汚れを取ると言う感覚ではなく、毛先を歯に当てて振動させる感覚と言ったほうが正確かもしれません。正しい使い方をすれば、これほど効率的 なものは無いと思っています。

次回はその他のデンタルグッズについてお話します。(笑)

スタッフコラム

スタッフコラムこんにちは。技工士の佐藤です。

私は村上の瀬波に住んでいます。
瀬波には、温泉や鮭などの名産がありますが、今回は海から見た夕日を紹介します。
家の近くの瀬波海岸から撮りました。(私の顔が暗くてスイマセン…)
始めは雲に覆われていたんですが、最後の方は真ん丸な夕日が顔を出してくれて、綺麗な景色が見れました。
水平線に夕日が沈んでいく様子は、かなり感動的でした。

夜の7時前ぐらいが、夕日が綺麗に見える時間帯だと思います。
お暇があれば、海に出掛けて目を休めてみて下さいね(^^)


印刷してご覧になりたい方はこちらのPDFをご利用ください。

⇒ 6480NEWS・PDF オモテウラ

※PDFファイルを表示・印刷するにはお使いのパソコンに「Adobe Reader」(無料)がインストールされている必要があります。インストールされていない場合はAdobeサイトからダウンロードしてインストールしてください。


6480NEWSトップへ戻る